2009年01月26日

にきびの治療(皮膚科)

皮膚科による治療

専門医の診断で処方された薬で治療するのが一般的ですね。下記でその他の治療法を紹介します。

ケミカルピーリング
フルーツ酸のなどの薬剤を塗り、古くなった角質を取り除き、肌を生まれ変わらせる治療法です。

フォトフェイシャル
レーザーではなく特殊な光を照射する事で肌トラブルを改善させる最先端スキンケアです。
レーザーに比べて肌へのダメージが少なく、すぐに洗顔、メイクが出来る。

アファーム
真皮層に高密度にレーザーエネルギーを入れることで、にきび跡、肌の凹凸、毛穴の縮小、毛穴の掃除、色素沈着、肌のキメを改善。

【MENU>治療の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。